身体障害者授産施設、身体障害者短期入所事業、身体障害者福祉工場、身体障害者補助犬法...

身体障害者授産施設とはどのようなものですか?

身体障害者授産施設というのは、
身体障害者福祉法に基づいて設置される

 

身体障害者更生援護施設の1つであり、
これは支援費制度の対象サービスになっています。

 

なお、原則として、
作業能力に応じた工賃が支払われます。

身体障害者授産施設の目的は?

この施設の目的は、
雇用されることが困難な
あるいは生活に困窮する身体障害者を入所させ、

 

必要な訓練を行い、職業を提供し、
自活させることにあります。

身体障害者短期入所事業とはどのようなものですか?

身体障害者短期入所事業(ショートステイ)というのは、
支援費制度の対象となる居宅生活支援サービスの1つです。

 

具体的には、居宅において
重度身体障害者の介護を行う者が、

 

疾病やその他の理由によって、
一時的な保護を必要とする者を、
身体障害者更生援護施設に短期間※入所させ、
必要な保護を行う事業です。

 

なお、保護の要件としては、
疾病、出産、冠婚葬祭などの社会的理由のほか、
介護疲れなどの私的理由も認められています。

 

※原則として7日間とされています。

 

スポンサーリンク

身体障害者福祉工場とはどのようなものですか?

身体障害者福祉工場というのは、
作業能力はあるけれど、
職場の設備・構造や通勤時の交通事情のために、

 

一般企業に雇用されることの困難な身体障害者に
職場を提供し、

 

生活指導、健康管理のもとに、
健全な社会生活を営ませることを目的とする
施設のことをいいます。

 

なお、この身体障害者福祉工場は、
身体障害者授産施設の一種ですが、
利用については経営主体との契約によります。

身体障害者福祉法とはどのようなものですか?

身体障害者福祉法というのは、
1949年に制定された法律ですが、

 

この法律は、身体障害者の自立と
社会経済活動への参加を促進するために、

 

身体障害者を援助し、
必要に応じて保護し、
身体障害者の福祉の増進を図ることを目的としています。

身体障害者補助犬法とはどのようなものですか?

身体障害者補助犬法というのは、
2002年に制定された法律ですが、

 

この法律は、
障害者が身体障害者補助犬
(盲導犬、介助犬、聴導犬)と伴い、

 

社会で活動できるように
支援することを目的としています。

身体障害者補助犬法の内容は?

この法律では、
身体障害者補助犬の訓練事業者
および使用者の義務を定めるとともに、

 

身体障害者が公共的施設、
公共交通機関等を利用する場合において、
身体障害者補助犬を同伴することができるように定めています。

 

スポンサーリンク