健忘、降圧薬、グループ・スーパービジョン、心身障害児(者)施設地域療育事業...

健忘とはどのようなものですか?

健忘というのは、記憶障害の1つであり、
具体的には、一定の事柄の追想機能の障害のことを指します。

 

この健忘は、次のような疾患において発症します。

 

■頭部外傷 
■症状精神病 
■てんかん...など

健忘の区別とは?

健忘は、
気質的な原因によるものを器質性健忘、
心因によるものを心因健忘として区別します。

 

また、一定期間内の事柄を全く想定できない全健忘と、
一部想起可能である部分健忘とに分類されます。

降圧薬とはどのようなものですか?

降圧薬(抗高血圧薬)というのは、
高血圧を下げる作用のある薬剤のことをいいます。

 

なお、高齢者の場合には、
急激な降圧は循環障害を来たすこともありますので、
緩徐な高圧が望ましいとされています。

グループ・スーパービジョンとはどのようなものですか?

グループ・スーパービジョンというのは、
スーパーバイザーが複数のスーパーバイジーに対して、

 

定期的にグループで実施する
スーパービジョンのことをいいます。

 

スポンサーリンク

思路の障害とはどのようなものですか?

思路の障害というのは、
何らかの病変によって、思考過程が傷害されたものをいいます。

 

また、この思路の障害には、次のようなものがあります。

 

■滅裂思考 
■迂遠思考 
■観念奔逸 
■思考制止...など

 

なお、思路の障害は、思考体験様式異常、思考内容異常とともに思考異常の一部をなしますが、それは明確には区分しがたいとされています。

心身障害児(者)施設地域療育事業とはどのようなものですか?

心身障害児(者)施設地域療育事業というのは、
障害児(者)施設の機能を、
在宅の次の者のためにも活用し、

 

施設を地域に開かれたものとするために
開始された事業のことをいいます。

 

■重症心身障害児(者) 
■知的障害児(者) 
■身体障害児 
■左の保護者

 

なお、心身障害児(者)施設地域療育事業には、
次のものからなっています。

 

■心身障害児(者)巡回療育相談等事業
・各種助言・相談指導を行う事業です。

 

■障害児(者)ショートステイ事業
・障害児(者)及びその保護者が一時的に施設に入所できるものです。

 

スポンサーリンク